資金面で不安のある、起業家・挑戦者からのお問合せ、大歓迎ですっ!

目安時間9分
問い合わせをするに際しての注意事項と当事務所全般に関する質問と回答
  • コピーしました

本気のご依頼者には、”つれない・四角四面な”対応は、致しません!けれど、”しつこい”勧誘は、致しません。どうかご安心を。(笑)

「お電話」による「お問い合わせ」に関するお願い

TEL: 090-9255-9942

※「非表示設定」でお掛けの場合には、応答致しかねます。

FAX: 050-6865-5722

※応対時間 9時00分から21時00分まで

※上記の時間帯であっても、「留守番電話」へ切り替わる時間帯がございます。その際は、誠に恐れ入りますが、「留守番電話伝言メッセージ」へご用件をお伝え頂けますと、折り返しさせて頂く所存でございます。

※依頼内容に関する打合せ等につきましては、対面の他、chatwork(チャットワーク)、Zoom(ズーム)等も可能です。当方のID等については、別途、お伝えさせて頂きます。

※大変恐縮ではございますが、「電話による長時間の会話」については、意思疎通不備によるトラブル発生防止のため、ご容赦頂いております。ご理解のほど、宜しくお願い申し上げます。

メールでのお問い合わせは、コチラです。 ※3日以内にご返信致します。

下記のフォームへ必要事項をご入力の上、「送信」ボタンをクリックしてください。

    入力内容に誤りがないことを確認しました。
    確認画面は表示されませんので、入力内容をご確認のうえチェックを入れてください。(承諾確認 必須)

    よくあるご質問Q&A(報酬料金体系、支払い方法等、事務所運営全般について)

    貴事務所のある奈良県ではなく、他府県、とりわけ遠方の県からの依頼でも、大丈夫ですか?
    はい、大丈夫です。たとえ、どれほど遠方からのご依頼であっても、直接お会いさせて頂くことも含め、全くもって、やぶさかではございません。お気軽にお申しつけ下さい。むしろ、喜んで、対応させて頂きます。
    【※上の続き】ただし、大変恐縮ではございますが、ある一定の直線距離を超えて、ご依頼者の元へお伺いする場合には、「出張日当」および「交通費」を頂戴させて頂くこととなります。その点につきましては、どうかご容赦願います。

    質問内容依頼したい業務に関する報酬金額が明記されておりません。いくら位なのかを知りたいのですが。
    ご不便をお掛けして、申し訳ございません。あいにく、”現時点では”、このホームページには、明記致しておりません。追々、取り扱い業務毎のホームページを立ち上げる予定なのですが、そちらのホームページには、概算金額を掲載する予定でおります。【※下へ続く】
    【※上の続き】また、「許認可」手続きにつきましては、ご依頼者の状況によって、大きく変動するケースが多々ございますので、ある程度、”レンジ幅”を持ったご提示になろうかと思います。なお、”より具体的な”、見積もり金額につきましては、”個別に”、ヒアリングをさせて頂いたのち、正式にご提示させて頂く所存でございます。悪しからず、ご容赦下さいませ。
    【※下へ続く】【※上の続き】なお、余談ではありますが、予め、「他府県所在の任意の行政書士法人からの相見積り」をご用意頂けますと、当事務所の”特徴・スタンス”を”一見して”、お分かり頂けるかと存じます。

    質問内容貴事務所ホームページの中で、起業家・創業者の方に対する、「納得価格」、「安心価格」と謳っておられますが、もう少し具体的に、突っ込んで聞かせて下さい。
    的を得た、鋭いご質問、誠にありがとうございます。当事務所の報酬価格につきましては、職業倫理上、あえて「格安」「最安値」「激安」という表現を避けております。【※下へ続く】
    【※上の続き】しかしながら、スタートアップ・起業家・創業者の方にとっては、「末長いお付き合い」をして頂けるような「報酬価格」をご提示できることに相違ありません。「目先の利益」に固執した「料金設定」には致しておりませんので、その点につきましては、どうかご安心下さいませ。【※下へ続く】
    【※上の続き】さらに”正直に”申し上げますと、当事務所もまた、スタートアップでございます。それが故、まず取り急ぎは、圧倒的な「実績」を残したい、こうした”思惑”もゼロではございません。その辺りにつきましては、”ご推察”頂けますと、幸いです。

    質問内容既に会社をいくつも経営しています。スタートアップではありませんが、依頼は可能ですか?補助金、助成金をスポットで依頼したいのですが。
    ご質問、ありがとうございます。大変畏れ多いのですが、あえて、単刀直入に申し上げさせて頂きます。現時点では、既に事業を経営されておられる、経営者の皆様方(※小規模法人は除く。)に於かれましては、「新規事業の立ち上げに伴う、許認可手続き全般」と「新規事業に係る、資金調達支援」のご依頼のみに、限らせて頂いております。【※下へ続く】
    【※上の続き】さらには、既存法人(※小規模法人を除く。)からの、「初回かつ、単発かつ、単体」での、「補助金・助成金申請」および「契約書作成」のご依頼は、原則、”お断り”させて頂いております。なお、この取扱いは、今後、修正・転換する場合がございますこと、お含みおき下さいませ。

    質問内容支払い方法について聞かせて下さい。
    お問合せ、ありがとうございます。「報酬料金」および「官公署へ納める手数料等の実費相当額、他士業への報酬」につきましては、原則、”初回の”依頼者様につきましては、「前金」とさせて頂いております。【※下へ続く】
    【※上の続き】ただし、頂戴する「報酬料金」については、「20万円」を超える総額となるケースもございます。その場合には、例外として、「半額」を「前金」として頂戴致します。【※下へ続く】
    【※上の続き】また、残りの「半額」および「後払い」の場合のお支払い時期につきましては、<正式な申請時、即ち、申請書類受理日>までに、お支払い頂くようお願い申し上げます。【※下へ続く】
    【※上の続き】なお、「納付手数料等の実費相当額および他士業への報酬」につきましては、「後払い」はなく、全て「前金」とさせて頂きます。

    質問内容貴事務所に依頼する上で、その他の留意点はありますか?
    誤解を招く表現になってしまうかも知れませんが、トラブル防止の為、あえて最初に申し上げさせて頂きます。当事務所は、依頼者様のご発展の”一助”となり、かつ、”末長いお付き合い”を頂けるような、”良き関係性”を育んでゆきたい、と切に願っております。【※下へ続く】
    【※上の続き】そうであるからこそ逆に、当事務所は、依頼者様を選ばせて頂きます。畏れ多くも、「依頼者様の価値観・スタンス」には、どうしても、”共感できそうもない”、と止む無く判断させて頂いた依頼者様からのご依頼は、受任致しかねます。【※下へ続く】
    【※上の続き】もちろん、”雇われサラリーマン”の世界であれば、『お客様は、”その全員が”神様です。』と叩き込まれるのが定石かと思われますが、当事務所は、そうではございません。【※下へ続く】
    【※上の続き】やはり、『心から”この起業家”のお力になりたい。』、『”ゼロから”信頼関係を育んでいきたい。』と感じることが出来ない依頼者様には、どうしても「全力投球」が出来ない以上は、”予め”、ご辞退させて頂く方が、むしろ”筋”であろう、と考える所存でございます。どうか、『小生意気な事務所』だと、”武士は食わねど高楊枝”だと、嘲笑してやって下さいませ。

    当事務所にて、お役に立てる【業務メニュー】について、<一覧・TOP>は、以下の画像をクリックしても、移動できます。

    • コピーしました
    error: