ビジネス立ち上げで必要になる契約書・利用規約の作成

目安時間4分
作成した契約書
  • コピーしました

ミニマム/スモールサイズ・ビジネスを始める上で、『契約書』『利用規約』など、”ビジネス・ルール”を整備したいと思ったら…。

ミニマム/スモール・ビジネスを始める上で、『契約書』や『利用規約』といったビジネス・ルールを「書式」に落とし込むのは、容易ではありません。ビジネスの業態・内容によっては、「ひな形」を”そのまんま”使えるケースも多くはなく、手手間の掛かる、”やっかいな”作業と言えます。

『契約書』『利用規約』のほか「申込書」「仕様書」「説明書」等各種ビジネス書式の作成・修正のことなら、お任せ下さい。

立ち上げるビジネスのスキーム・特性や、事業主の伝えたい内容が、きちんと”落とし込まれた”『契約書』・『利用規約』が整備されていますか?

ご商売を始めるに当たって必要となる各種契約書、変更契約書、覚書、合意書、約款をはじめ、B to Bビジネス・e-コマースサイトなどで必要となる、利用規約、利用規定なども承ります。

スモールビジネスの立ち上げにおいて、ご用意が必要となる契約書の事例としては、以下のようなものがございます。

  • 金銭消費貸借契約書
  • 業務委託契約書
  • 業務提携契約書
  • 運送委託契約書
  • 機密保持契約書
  • 賃貸借契約書
  • 継続的取引基本契約書
  • 社宅使用契約書
  • 動産売買契約書
  • コンサルティング契約書
  • 利用申込規定
  • 購入申込規定
POINT

ネット上に出回っている、”ひな形”を利用することも、よくあることですが、とりわけ、事業主が、ビジネスの相手方に対して、【伝えたい】あるいは【伝えるべき】内容をビジネス・ルールとして、”シッカリ”と『書式』に”落とし込む”ことが出来ているかどうか?が大切なポイントです。

ごめんなさい…

なお、誠に恐縮ではございますが、現時点に於いては、”初めて”当事務所へご依頼を頂きますお客様に対しましては、「契約書」等の作成、”単体”でのご依頼は承っておりません。どうか悪しからず、ご容赦下さいませ。(※他の士業事務所からのご紹介の依頼者様を除く。)

もちろん、当事務所にて、各種の行政許認可、会社設立、ミニマム法人コンサルティング、創業融資業務等、他の業務をご依頼頂いたことのある、依頼者様(※同時のご依頼も含む。)に於かれましては、「契約書」等の作成のご依頼・ご支援を何時でも承っておりますので、どうぞお気軽にお声掛け下さいませ。

※スポット・単発ではお受け出来ない事情について

元来、「契約書(案)」の作成というものは、非常に奥が深く、依頼者様のご商売、事業に対するスタンス、業界の慣行・慣習など、依頼者様からのヒアリングや、業界マーケットやリーガルリサーチを繰り返しさせて頂いてようやく、依頼者様のご要望に沿った契約書が完成させられるという、時間と労力を要する業務である、と当事務所では考えている為でございます。この点につきましては、どうかご理解のほど、宜しくお願い申し上げます。

色々な種類の契約書

その他の「経営サポート・資金調達支援」サービスについては、こちらのページでご覧下さい。

  • コピーしました
error: