経営に活かす給与計算

目安時間4分
給与計算の代行サービス
  • コピーしました

毎月の『給与計算』は、面倒な”やっつけ”作業でしょうか?

毎月の給与計算は本当に面倒です。しかし、そう簡単に間違うことも許されません。こうしたやっかいで、面倒な給与計算を単なる”やっつけ作業”として、終わらせるのは非常にもったいないですっ!捉え方を転換して、ひと手間を加えることで、”宝の山”へと生まれ変わらせることも可能です。

『経営に活かす給与計算』として捉え直してみませんか?

給与計算を単なる「作業」と捉えるのであれば、当事務所への給与計算業務の委託料は、無駄な”コスト”に過ぎない、言えるかも知れません。

しかしながら、当事務所に於いては、給与計算を通じて、従業員の人事・労務データの管理や人件費分析、すなわち、総額人件費の分析から、労働分配率の検討、適正な要員管理などに至るまで、まさに『経営に活かす給与計算』と位置付けたサービスとして、ご提案させて頂いております。

繰り返しになりますが、当事務所では、単に、給与明細書を入れた封筒の束をお渡しして、ハイ、終了っ!、といった捉え方を致してはおりません。

あくまで、給与計算を通じて、労務費・人件費という視点から見た、「事業経営」のお役に立つような、人事・労務施策に関するご提案をさせて頂きます。

もっとも、これまでの時代は、単に「決算書」と「税務申告書」の数字”のみ”を気にされる経営者の方が、大多数ではありましたが、今まさに、時代は大きく変わろうとしています。

昨今の政府からの働き方改革の推進、雇用・社会保障制度の目まぐるしい改革に取り残されることなく、キャッチアップしていくためには、この給与計算をベースとした、人事労務のデータの分析と管理が、事業経営には不可欠となって来る時代が、すぐそこまでやって来ている、と言っても過言ではありません。

また、コロナ渦以降、従業員の生活と雇用を守るために、事業主として、公的な資金調達を上手く活用すること、すなわち、雇用調整助成金などを積極的に受給していくという流れが、むしろ当たり前の時代になってきております。

これらの公的助成金を獲得し、上手にビジネスに活用していくためには、単に、売上げ、決算書の数字だけではなくて、そこに、人事・労務に関する、適正なコンプライアンス・マネジメントがなされていることが、助成金を受給するに当たっての、”要諦”となっています。

そして何より、こうした人事・労務に関するコンプライアンス・マネジメントを支える礎となるものこそが、これまで軽視されがちであった、この給与計算業務である、と言えるのです。

以上のような理由から、こらからの時代の要請に上手くキャッチアップしていく為にも、従前のように、単なる”やっつけ作業”としての給与計算を、「経営に活かす給与計算」として視点を捉え直す、大きな意識変革が求められているのではないでしょうか?

給与計算を元にした人事データの分析・管理

その他の「経営サポート・資金調達支援」サービスについては、こちらのページでご覧下さい。

  • コピーしました
error: